カードローン審査ガイド2017年【保存版】

銀行のカードローン審査を中心に、落ちない申し込み方法を分かりやすく解説した2017年度版カイドです。
MENU

カードローン審査ガイド2017年【保存版】

カードローン,審査,銀行

初めての人がカードローンを利用する場合の申込み方法

借入にも様々な方法がありますが、カードローンは限度額の範囲内なら何度でも借入ができ、 そして用途も自由に利用できる、コンビニATMからも借入や返済ができるなどとても便利なサービスです。 1枚カードを持っていると土日や夜中でも好きな時間にお金を用意できて便利ですが、初めて利用するという人は申込み方法がわからずに立ち止まっている人も多くいます。 カードローンの場合は担保や保証人が基本的に必要なく、免許証などの本人確認書類があれば手続を進めていくことができます。 銀行、消費者金融ではそれぞれカードローンの特徴が違いますので、よく比較して合うサービスを選びましょう。 手続方法は来店で窓口で手続を行う、無人契約機を利用する、さらに電話、インターネットで来店なしで申し込む方法もあります。 来店の場合は必要書類を記入し、提出しその後審査が行われます。 無人契約機は遅い時間にも対応しており、こちらも便利で画面の指示に従って手続を進めていくことができ、わからないことがあっても電話でオペレーターが対応してくれるので安心です。 そして、電話の場合は指定の電話番号にかけて手続を進めていきます。 インターネットの場合はパソコンやスマートフォンで公式サイトにアクセスし、手続をしていきます。 来店の場合はその場で融資を受けることができ、無人契約機ならその場でカードが発行されます。 インターネットや電話で手続をした場合は、融資は振込みで行われ、カードは後日発行です。

カードローンの種類

急ぎの出費に強く、魅力的なキャンペーンの多い消費者金融系カードローン カードローンを利用する際には金利が低く、限度額の大きい銀行系を選ぶという方も多いと思いますが、そのカードローンの設定だけを見て優位だと考えるのは間違いです。 確かにその金利の低さ、限度額の大きさは魅力ですが、借り入れ条件をはじめとする他の条件も含めて考えると消費者金融系カードローンにも利用にあたっての大きな魅力があります。 その魅力の中でも利用にあたっての最も大きなメリットとなるのが審査にかかる時間が短くすぐに融資を受けられるという点です。 最短で審査から三十分で融資を受けられるというサービスを展開している会社もあり、この審査の早さにより、その日のうちはもちろん、お金を必要とするそのときに借り入れを行うことが出来ます。 そしてまたアルバイトやパートといった方でも一定以上の収入さえあれば、保証人、担保不要で即日はもちろん、時間をかけずにお金を必要とするそのときに借り入れすることが出来るというのも魅力の一つです。 職業がアルバイトやパートということでこれまで利用したくても利用することが出来なかったという方でも利用できるようになっているので、より多くの方にとって役立つサービスとなっています。 そしてもう一つ、キャンペーンが多いというのも特徴の一つです。 その時々によってキャンペーンの内容は変わりますが、無利息期間を設けたものや、一定期間低金利で利用できるものなどがありますので利用の前には各会社のキャンペーンを調べておくとよりいっそうお得に利用することが出来ます。 このように消費者金融系は急ぎの出費に強いという特徴があるので、今すぐお金を必要とする際などにはとても役立ちます。 このように消費者金融系カードローンには利用にあたっての魅力があります。

キャッシングカードと銀行カードローンの違いを知ろう

融資を受ける方法にも多くの種類がありますが、無担保のローンとしては銀行カードローンや消費者金融のキャッシングが便利です。 とちらも専用のキャッシングカードが発行され、提携のATMで出し入れが可能となり、返済もATMから行うことができますので、利便性もとても高いものとなっています。 そして、申し込む場合はそれぞれの特徴をよく理解し、自分に合ったサービスを選んでいきましょう。 まず、消費者金融のキャッシングはその融資の迅速さが魅力となっています。 申込方法も様々用意されており、来店で申し込む方法もあれば、自動契約機から申込もできますし、来店できない場合であってもインターネットや電話で申し込みが可能です。 そして、銀行カードローンも同じように、来店、自動契約機、電話やインターネットから申し込むことができます。 どちらも同じように利用することができますが、消費者金融は総量規制があり、借入は年収の3分の1までとなっていますので、まったく仕事を持っていない方や専業主婦の方の場合は利用ができません。 そして銀行のカードローンの場合は総量規制の対象とはなっておらず、すでに総量規制まで利用している場合でも利用可能です。 そして、銀行の場合はより融資限度額が大きくなっており、利息についても消費者金融よりさらに安く利用できる傾向にあります。 金利や融資限度額、申込条件などは業者によって違いがありますので、申し込む際にはじっくり比較しておきたいものです。

メニュー

 

更新履歴
このページの先頭へ